アナル舐めやもうちょっとを叶える
妄想を現実にするデリヘル。
大阪・茨木のAV妄想デリヘル
ANILINGUS -アニリングス-大阪店-

営業時間を通常通り、平日は9:00-翌3:00受付、金・土・祝前日は9:00-翌4:00受付となります。

アナルって感じるの?

古代ギリシャでは膣性交は生殖目的の動物的行為。肛門性交こそが快楽目的の真に人間的行為とされていたほど、アナル大好き文明でした。
また野生の動物たちにとって、セクースとは最も無防備になる時間です。
そんな無防備な姿を長時間晒すということは即ち、彼らにとって死を意味します。
しかし、我々アナルで感じることを生きがいとする種族にとっては、美女の前でそんな無防備な姿を晒すことこそが“生・き・て・る”って実感なんです。

アナルで感じるのってゲイの方たちだけの特別な快楽と思っていませんか?
ロンドンのニュースサイトGay Star News曰く「一般的な統計では人口の6~10%がゲイかバイセクシャルなので、約14~18%のストレート男性がオナニー中に肛門挿入による刺激を得ている」とのことです。

そもそもお尻(アナル)って感じるんですか?という質問に遂に“メスイキ(ドライオーガズム)”を会得した私がお答えしましょう。
排泄行為の話をしよう。
排泄行為は大きいほう、小さいほうに限らず、少なくとも出すことに関しては快感が伴っているはずです。
排泄が苦痛を伴うものなら誰もトイレに行けなくなりますから。

いわば肛門に異物を挿入して出し入れする行為は…少し汚い話ですが、うんちを出しっぱなしにするようなもので、永遠にその快感が続いているに等しい状態です。
自然の摂理というのなら、お尻に挿れて感じてしまうことのほうが、実はよっぽど自然の摂理なんです。
キスをした祭に出るβエンドルフィンという脳内物質には、モルヒネの数倍の鎮痛効果があるとされているので、それでもお尻を痛がっている男性には責めながらキスをしてあげましょう。

乳首がメスイキのスイッチに
また乳首も同様に痛みを紛らわせてあげることができます。
乳首が感じないという人もいますが、とにもかくにもオナニーしている時などに乳首を何度も何度も触り、身体に「乳首はえっちな場所なんだ」ということを覚え込ませることが大切です。
乳首を触っているとなんだかせつないような気分になってくることがあります。
このせつない感覚こそが母親が胎児に授乳をする際に感じる感覚なのです。
乳首をいじられている男性は、いままさにママの気分(乳首のメス化)というわけです。

すべてはアナルは痛いというプラシーボ効果(思い込み)が原因です。
アナルで感じる時はこの行為で気持ちよくなれるんだと心から信じることが大切です。
もし、アニリングス女子にアナルを責められる場合は、テクニックや激しさを気にするのではなく、まずは自分自身リラックスして相手もリラックスさせてあげられるような信頼関係を築けるようにしましょう。
心開かずして、アナル開かずぢゃ。
余談ですが私くらいになると、PC筋を動かして手も道具もつかわずにいつでもメスイキに達することができます(`・∀・´)エッヘン!!
(゚ Д ゚≡゚ Д ゚)エッナニナニ?エネマグラは道具じゃないかって?
これはもはや肉体の一部である。

デリヘルが利用できるホテルリストはコチラ
風俗情報
店舗情報
コロナ完全対策中
ポイント会員様